ひなチャマの成長記73。



2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



2013年3月18日(月)

実はひなチャマ。
学校でも女の子のお友達がいないらしく。
遊ぶのはいつも特定の男の子。

小学校は自由登校なので
近所の3年生の女の子2人と3人で行くのだけど。
その関係も上手くいかない様子。

大好きな3年生のお友達。
本当はおしゃべりしながら学校へ行きたいのに
3年生の会話に入って行けずいじけることも多々あるのだとか。

登校中嫌な思いをしたのが原因なのか?
酷いと2時間位何もせずただただ座り
授業を受けれない日もあると先生。

家では燕蔵サンといっちゃんの面倒を見てくれるひなチャマ。
何時間も拗ねていることはないので
イマイチ想像できなくてビックリしたのよネ。

3年生の子もひなチャマが拗ねたらお手上げ状態らしく
Aちゃんのお母さんにひなとは別々で登校したいと
秋ごろから訴えていたのだとか。

しかし。
何時まで経ってもAちゃんのお母さんが行動を起こさないので
3年生の2人がひなチャマに直接
『 もう2年生からは一緒に行けないから同じ学年の子を見つけてね。』
と言われ寝耳に水のひなチャマ。

学校ですれ違っただけでも話題になるほど
3年生の子が本当に大好きなので
2人に断られ相当ショックを受けたご様子。

もう6年生まで1人で行くから!
っと意地を張り話し合いにもなりませぬ。

日を改め。
3学期にお引越ししてきたお友達に
誰と登校しているのか聞いてみたら?
などと話しても耳から耳。 シラー。

でも。何気なく
『 お引越ししてきたお友達に聞いてみた?』
と聞くと
『 聞いたけど返事がなかった。』
っと淋しげ。
私的には意地を張っていてもきちんと話したことに
耳を傾けてくれたんだなぁーっと思えたら嬉しかったけどネ。 ガンバッタネ。

3月14日。
ひなチャマがお世話になったクラブ活動最終日。
保護者の人も参加できるこというコトで
仕事を早目に切り上げ行くことに。

しかし。
クラブ活動の方に
『 また弟さん。お熱だったのですか?
お母さんつきっきりだったでしょ?』
と言われ・・・・。 ハア。

燕蔵サンやいっちゃんが病気になると
お熱が出て心配と先生や周りの人にお話しするひなチャマ。
私がお世話することに対し
ひなチャマが僻んでいると思われていることは気づいていたので・・・。

『 そんなことありませんよ。
   お熱も微熱程度で1日で下がりましたし。』

そう答えても・・・。

『お母さんから見たらそうでも。
 ひなちゃんからみたら違うんですよ。
 もっともっとひなちゃんの事を可愛がってあげたら
 弟さんたちもいい子に育ちますから。』

と・・・。


私自身。
子育てに対しきちんと目標を持ってやってきているし。
愛情表現は生まれる前から1番意識していた事。
ひなチャマにもきちんと伝わってはいると思っているし。
私の1番大切な事は子育てと思ってやってきているので。
全てを否定された言葉だったのよネ。


3月17日。
ひなチャマと燕蔵サンが2人で小学校へ遊びに行くことに。
小学校まで片道45分。
燕蔵サンは子供だけで行くのは初めての経験。

途中。
お母さんが恋しくなったみたいで
ひなチャマは帰るか?行くか?
きちんと聞いてくれていたみたい。

その後。
疲れたからおんぶしてー。
と甘えてもきちんと聞いてくれたみたいで
無事到着。

小学校にはひなチャマと同じクラスの女の子たちが居たらしく。
おねえちゃんが大好きな燕蔵サンは
Hちゃんにベッタリだったのだとか。

ひなチャマに
『 Hちゃんたちと一緒に遊んだの?』 と聞くと
『 ひなは見ていただけ。』
と・・・。

いっちゃんがお昼寝から起き2人を迎えに行くと
既に帰り道だった2人。

『 どうして家に帰ろうって話になったの?』と何気に聞くと
『 (燕蔵が邪魔だから連れて)帰って!ってHちゃんに言われたから。』
とひなチャマ。

そう言われて辛かっただろうに。
燕蔵を見捨てることなく。
よく連れて帰って来てくれたなぁっと感激。

お友達とはなかなか上手く関係を築けないようだけど。
優しさは持っているから
いつかとびっきりの友達が出来ると信じて見守ることに。

4月からは燕蔵サンといっちゃんが同じ保育園に行けれるし。
私も少しは余裕ができるかも。
なので。
ひなチャマが遊びたいと言ったお友達と
どこか公園へ行ったり。
おうちでちょこっとしたものを
一緒に作る機会を作ってあげたり。
上手く橋渡しをしてあげられるようにしてあげたいナ。








<<ひな・燕蔵・いっちゃんの成長記143。 | Top | ひな・燕蔵・いっちゃんの成長記142。>>



なんと言うか心配な感じです。
愛情は十分にあるかもしれませんが、ひなちゃんなりに責任感の強さとかアネキとしての強さを感じます。もしかしたら、小さな心と体で一生懸命に考えて無理をしているのかもしれませんね。俺はひなちゃんほど立派な兄貴ではありませんでしたが、特に長男で厳しく育てられたので人に甘えることもない性格になるのも理解できる気がします。何というか目先を変えてあげることが必要かもしれませんね。
でも、ひなちゃんの根っこにある優しさ、強い責任感や正義感、ひたむきさは誰からも好かれるはずです。周りにそれが伝わっていくことを願うばかりです。
2013/04/02 22:39 URL by ぐっさん。 [ 編集] Pagetop△
ぐっさん。
心配してくれて本当にありがとぉ。

↓にも書いたんだけど。
私も長女。
同じ道を歩かせたくないと思っていたから
おねぇちゃんだから〇〇しなさい!とか。
そういうコトは言わないようにしていたのだけど。
子供たちの中ではしっかり上下関係が出来ていて。
燕蔵はひなを慕っている。
ひなは燕蔵を思いやっている。

私が教えなくても。
それどころか。
あえて避けていても
子供たちの中では自然と成り立っていることに
気づきました。

それはとっても大切なことなのだけど。
ひなの気持ちが分かる分ね・・・。
大きくなったらそれが大きな糧に変わることも十分分かっている。
でもね・・・・。

勿論。
ひなだけでなく。
燕蔵だって我慢することは多いけど。
そうやって色々なことが分かったり。
忍耐力が付いたりするのだよなぁ。。。っと。

私は見守るしかない部分も多いけれど。
ひなが上手に消化していけれるように
手助けができたらいいなぁと思っているし。
いつかひなの良い所が
同年代の子にも伝わるといいなぁ~って思っています♪



2013/04/03 23:25 URL by himekichi [ 編集] Pagetop△
ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://himekichi.blog45.fc2.com/tb.php/2296-dd4d5be1
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。