2014年11月



2014.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2014.12

2014年11月18日(火)

ずっと書きたいことが溜まっていて
どの写真を使うかチョイスもしてあるのに
なかなか更新出来ない今日この頃。

しかし。
どうしても書き留めておきたい事件があったので
18日の出来事から更新ナリ。


最近。
燕蔵サンが保育園の中では
私に抱っこされたり
手を繋がれるのを嫌がるようになり
親離れが凄いスピードで始まっているのを
手に取るように感じる日々。

1カ月ほど前。
おうちで抱っこして~て言っていたケド
朝バタバタしていて出来なかったので
保育園で抱っこしようとすると
泣きながら叩いて怒ってきた燕蔵サン。

そう言えば年少サンの時も精神的なことが原因で歩けなくなり
燕蔵サンが私に甘えている姿を見て
担任の先生がビックリしていたほど。

もう自分が甘えている姿を
他の人には見られたくない心境の燕蔵サン。
家の中で
抱っこしたくても抱っこできなくなる日も
そんなに遠くないと感じるので
子供たちには今いっぱい甘えさせ
いっぱいいっぱい抱っこやハグをしておかなきゃ。
と思い過ごしていた今日この頃。

しかし・・・。
11月18日火曜日。
仕事が終わり携帯をチェックしても
ひなチャマからの連絡が入っていなくて嫌な予感。

最近仕事で帰りが遅いし。
習い事などでひなチャマだけ単独行動が増えてきたので
子供携帯を用意。

学校には携帯は持たせず
家に着いたらメールを入れるように教えてあるのに
そのメールがない。
今日は教育相談で早帰り。
3時過ぎには学校を出るはずなのに
4時半になってもメールはなく。
家にも携帯にも電話しても繋がらない・・・。

まだ学校から家に帰っていないんだ。と確信し
急いで家に戻り確認しても
ランドセルは見当たらなく。
お友達の家や近所の子に聞きまわっても
ひなチャマは行方知れず・・・。

念のため学校へ電話してみると
3時15分には学校を出ていることと
学校でおそらくひなチャマのではないかと思われる
家の鍵があったことを教えてもらい
学校から家までの道を探すことに。

ひなチャマには必ず同じ道で登下校しなさいと
言い聞かせてあったので
探す範囲は限られている。
時刻は17時を回り
辺りは暗く気温も下がり始め
心細く泣きながら鍵を探しているのだろうか。
そう思うと胸が締め付けられる想いで
心臓もあおってくるのよね。

ひなチャマの行方を知らないかどうか
聞いたママも心配して電話をくれたり
車を出して探してくれたり。
兎に角一度家に戻ってみよう。
そう思い家に戻り玄関先で
友達に電話で情報を貰っていると
近所の方がうちで預かっているよっと・・・。!!!

挨拶や少しの会話しかしたことのない方だったけど
思わず抱き付いて
道路の真ん中で泣き崩れてしまったよ。。。

どうやら
犬のお散歩をしてわが家の前を通り
ひなチャマが鍵がなくベソをかいていたのが気にかかり
お散歩が終わったあとまた覗いてくれたら
まだひなチャマが玄関の前に居たから
声を掛けてくれたのだとか。

お母さんに電話しようか?
とも言ってくれたみたいだけど
今日はお仕事遅くなるって言っていたし
仕事中は電話に出られないカラ。
とひなチャマが断ったらしい。

ひなチャマを探している間
燕蔵サンといっちゃんを預かってくれるって
言ってくれた保育園のママ。

一緒に遊んだこともなく
燕蔵サンといっちゃんと同じ年の男の子が2人いるのに
快く預かってくれて本当に助かったぁ~。

男の子4人。
大変だったよね?って聞くと
お友達の家に向かう車の中は
みんながテンション上がりすぎて大変だったぁ~って
笑って言ってくれたケド。
本当に大変だったと思うわ。

周りの人に助けられて
私たち家族は生きているんだって
改めて感謝した1日でありました。

そして。
私たち親が
子供のお世話を出来ることは
本当に幸せでありがたい事。

ついつい追われて怒ったり。
後回しにしたりしてしまうけど
本当はこの上なく幸せな事なのだと再確認。
これからも喜んで
子供のお世話をさせて貰わないといけないね。







| Top |